海老名市文化会館 - Ebina Culture Hall
トップページへ
施設のご案内
大ホール棟 小ホール棟 大ホール棟諸室 小ホール棟諸室
予約システム
海老名市民ギャラリー
所在地
海老名市文化会館
〒243-0438
神奈川県海老名市めぐみ町
6番1号
TEL:046-232-3231(代表)
FAX:046-234-9234
周辺地図
指定管理者
横浜メディア アド・相鉄・神奈川共立 共同事業体
会館自主事業情報
会館自主事業情報 詳細
「福川伸陽ホルンリサイタル2020」
2020年1月26日

福川伸陽ホルンリサイタル2020

世界をリードするホルン奏者 福川伸陽が紡ぐ

多彩なる音世界

 

【日時】2020年 1月 26() 13:30開場 / 14:00開演

【会場】海老名市文化会館 ホール

 


 

【出演】福川伸陽(Nobuaki Fukukawa)フレンチホルン

     新居由佳梨(Yukari Arai)ピアノ

 


 

【チケット】全席指定 

 一般 3,600円(税込)  *当日券 4,000円(税込)※未就学児入場不可 

【チケット取扱】※8/24(土) 10時発売

◆海老名市文化会館 TEL 046-232-3231(10:00〜17:30)

◆チケットぴあ TEL 0570-02-9999(Pコード:160-921)

http://pia.jp/(PC、携帯、スマートフォン共通)

 


 

【プログラム】

G.カサド : 親愛の言葉
J.ヴィトマン : エアー
E.イウェイゼン : ノクターンとトッカータ
G.ガーシュウィン/福川伸陽編 : ラプソディーインブルー
L.バーンスタイン/小林健太郎編・佐藤美晴演出 : ウエストサイド・ストーリー(語り付き)

*曲目は都合により変更になる場合がございます。

 


 

【プロフィール】

福川 伸陽(Nobuaki Fukukawa)- French Horn

「福川伸陽のホルンの響きが聴こえてくると、世界が一瞬にして変化するような気がする。ここではない世界のどこからか、不意に風が吹きわたってくるかのように。」(毎日新聞)「技のデパート」(音楽の友)「日本のホルン演奏の歴史を変えたといっても過言ではない」(日本ホルン協会)NHK交響楽団首席奏者。第77回日本音楽コンクール ホルン部門第1位受賞。ソリストとして、小林研一郎、久石譲、沼尻竜典、下野竜也、手塚幸紀、梅田俊明、山下一史、藤岡幸夫、杉山洋一、川瀬健太郎、鈴木優人らの指揮者と、パドヴァ・ヴェネト管弦楽団、京都市交響楽団、日本フィルハーモニー交響楽団、東京フィルハーモニー交響楽団、大阪交響楽団、横浜シンフォニエッタ、兵庫芸術文化センター管弦楽団、東京ユニバーサル・フィルハーモニー管弦楽団他と共演している。国内外の重要な指揮者、演奏家の信頼も篤く、パーヴォ・ヤルヴィやファビオ・ルイージをはじめ、故ビエロフラーヴェクなどの絶賛や、ライナー・キュッヒル(ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団コンサートマスター)、ハインツ・ホリガー(オーボエ奏者、作曲家)などと共演している。ロンドンのウィグモアホールをはじめ、ロサンゼルスやブラジル、北京などでリサイタルをするなど、世界各地から数多く招かれており、「la Biennale di Venezia」「ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン」「東京・春・音楽祭」などをはじめとする音楽祭にもソリストとして多数出演。ホルンのレパートリーの拡大をライフワークとして、作曲家への委嘱や世界初演を積極的に行っている。福川伸陽のために書かれた作品は、久石譲「ホルンと弦楽のための協奏曲」、吉松隆「Spiral Bird Suite」、藤倉大「ホルン協奏曲第2番」「ゆらゆら」「ぽよぽよ」「ざざざ」「はらはら」、田中カレン「魔法にかけられた森」、川島素晴「Rhapsody in Horn」、酒井健治「In a blink」「告別」、鈴木優人「世界ノ雛型」「モーツァルティアーナ」「Romantissimo」、狭間美帆「Letter from Saturn」「源平音楽絵巻」など数十曲に及ぶ。近年は室内楽にも力を入れ「N響精鋭メンバーによるハルモニームジーク」やソリスト達で構成される木管アンサンブル「東京六人組」などで積極的な活動を展開。リサイタルや室内楽、協奏曲の演奏は、NHK、テレビ朝日、フジテレビをはじめ、ドイツ、イタリアなどでも放送された。キングレコードより3枚のソロCD、リヒャルト・シュトラウスの協奏曲第2番のライブレコーディングや、オクタヴィアレコードより多数の室内楽CDをリリースし、音楽之友社刊「レコード藝術」誌上にて特選版に選ばれている。


新居 由佳梨(Yukari Arai)- Piano
東京芸術大学、同大学大学院を経て、スイス国立ジュネーヴ音楽院修了、ソリストディプロム取得。第11回摂津音楽祭コンクール金賞、第7回イタリア・モノポリ国際ピアノコンクール第3位(併せてアジア人賞受賞)、第69回日本音楽コンクール入選など受賞多数。パリでのショパン・フェスティヴァルなどの音楽祭やヨーロッパでのリサイタルシリーズに出演。スタインウェイ・ジャパン社によるYoung Virtuoso Series、旧東京音楽学校奏楽堂デビューコンサートシリーズ、ホロヴィッツのピアノ(No.314503)による記念コンサート、ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポンへの出演の他、全国各地で多数のコンサートに出演中。シャネル(株)「Pygmalion Days」シリ-ズ2007年度アーティスト。また、(一財)地域創造「公共ホール音楽活性化事業」登録アーティストとして各地の小学校でのアウトリーチ活動も積極的に行っている。ソロデビューCD「メランコリー」(スタインウェイレーベル)は毎日新聞紙上の“今月の3枚”に選ばれている。2013年から2015年にかけての「ラヴェルリサイタルシリーズ」は好評を博し、アール・アンフィニ(ソニー・ミュージックダイレクト/ミューズエンターテインメント)から「透明な風~ラヴェル名曲集」をリリース。伝説のヴァイオリニスト、イダ・ヘンデルとのCD録音やオリヴィエ・シャルリエ氏ほか、国内外の著名器楽奏者とのアンサンブル出演も数多く、安定感ある技巧と細やかな心配りで室内楽奏者としても厚い信頼を寄せられている。日本音楽コンクール・バイオリン部門にて共演賞を2度受賞。また最近は、TVドラマやアニメ、CM、ゲーム音楽のレコーディングやコンサート出演など活動の幅を一層広げている。東京藝大伴奏助手を6年間務め、洗足学園音大ピアノ科非常勤講師。シュピール室内合奏団ピアノ奏者。スタインウェイ・アーティスト。http://www.steinway.com/artists/yukari-arai 

オフィシャルウェブサイト http://yukariarai.com/
 


 

【主催】(有)ハルモニアハウス

【共催】海老名市文化会館

 

【お問い合わせ】(有)ハルモニアハウス tel 043-424-5105