海老名市文化会館 - Ebina Culture Hall
トップページへ
施設のご案内
大ホール棟 小ホール棟 大ホール棟諸室 小ホール棟諸室
予約システム
海老名市民ギャラリー
所在地
海老名市文化会館
〒243-0438
神奈川県海老名市めぐみ町
6番1号
TEL:046-232-3231(代表)
FAX:046-234-9234
周辺地図
指定管理者
横浜メディア アド・相鉄・神奈川共立 共同事業体
会館自主事業情報
会館自主事業情報 詳細
「SUMMER NIGHT BREEZE 2019 JAZZ&BEER」
2019年8月3日

 

SUMMER NIGHT BREEZE 2019 JAZZ&BEER

真夏の夜の野外ジャズライブ!

毎年恒例の野外ジャズライブ、今年も開催!

サマーナイトブリーズスペシャルバンドによるジャズライブで夏の夜を盛り上がろう!

 


 

【日時】 2019年8月3日

★ジャズライブ 入場・観覧無料

16:00 OPEN

16:30 START

18:30ごろ終了予定(※途中休憩あり)

 

★飲食物販

16:00~19:00(※ラストオーダー18:30)

館内レストラン「Bist☆rant」が出店。

ビール、冷たいお飲物、おつまみ等を販売いたします。

 


 

【会場】 海老名市文化会館 大ホール前野外広場

 


 

【出演】 SUMMER NIGHT BREEZE SPECIAL BAND

*諸見里 修(ピアノ)

沖縄県那覇市出身。4歳から13歳までクラシックピアノを習う。
中学時代にポピュラー音楽に傾倒し、ギターや作曲を始める。
2012年4月、昭和音楽大学 音楽学部 器楽学科 ジャズコース入学。
東京を中心にサポート演奏等をする傍ら、町田のクラブでレギュラーピアニストを務める。
2015年8月、ジャズコースのある関東の4大学で行われたビッグバンドフェスティバルで代表メンバーに選抜される。
2016年3月、同大学を優等賞で卒業。2017年3月、ヤマハの作曲コンテストで審査員特別賞を受賞。
現在は演奏のほかに作編曲活動にも力を入れている。

*藤林 祐聖(サックス)

1991年9月14日生まれ。
静岡県出身。昭和音楽大学を首席で卒業。
学生時代、リットーミュージック主催 Sax & Brass マガジン・フェスティバル "熱烈ホーンズコンテスト" にて準グランプリを獲得、在学中よりプロ活動を始める。
これまでに矢沢永吉や堀内孝雄 (アリス)、横山剣 (クレイジーケンバンド)など数多くのアーティストのライヴに参加。
現在はシンガーのライヴサポートを主に、レコーディングや作・編曲など首都圏を中心に幅広く活動中。
PopsやSmooth Jazzはもちろん、Jazz,Rock,Funk,R&B,Soulから昭和歌謡や演歌まで幅広い音楽性を持ち、特に歌モノや繊細なプレイには各方面から定評がある。
また、2017年より自身のフュージョンバンド『藤林祐聖Project』を始動。
"ポップでキャッチーなフュージョンサウンド"をモットーに実力派ミュージシャンを引き連れ邁進中!
サックスを近藤和彦氏、宮崎隆睦氏、マスタークラスにてDavid Sanborn氏に師事。
これまでに共演した主なアーティスト (五十音順・敬称略)
東野純直、因幡晃、稲葉政裕、斎藤ネコ、佐山雅弘、滝ともはる、敏いとうとハッピー&ブルー、堀内孝雄、本田雅人、守屋純子、矢沢永吉、横山剣

 

*江澤 茜(サックス)

1992年生まれ。神奈川県横浜市出身。
中学入学時より吹奏楽部でサックスを始める。
当時CDで聴いたザ・グレン・ミラー・オーケストラの演奏に影響を受けジャズを聴き始める。
昭和音楽大学ジャズコースを優等賞を得て卒業。大学在学時より演奏活動を行う。
今までに佐山雅弘、中村真、荒武裕一朗(敬称略)をはじめ、
様々なミュージシャンとのライブに参加。また田村陽介コードレスカルテット、Big Bird Band等にも参加し、
都内を中心に精力的に演奏活動を行なっている。サックスを近藤和彦氏に師事。

 

*南山 拓朗(ベース)

洗足学園音楽大学ジャズ科卒業。
納浩一、藤原清登ら各氏に師事。在学中にJFCにて東京ジャズに出演。
共演者に、小林陽一、道下和彦、高橋徹、neil stalnakerらと共演。
現在、関東を中心に演奏活動をしている。

 

*赤瀬 楓雅(ドラム)

1996年12月生まれ。神奈川県出身。
高校進学と同時に軽音楽部に入部し、当初独学でドラムを始める。
2018年、日豪文化交流プログラムに選抜メンバーとして参加し渡豪。
WAYJO(The Western Australian Youth Jazz Orchestra)と共演。
第49回山野ビッグバンドジャズコンテストに昭和音楽大学Lily Jazz Orchestraとして出場し、審査員賞を受賞。
小曽根真(pf)氏率いる、関東圏のジャズ専攻を有する音楽大学による選抜ビッグバンド”JFC All Star Big Band"に抜擢され、
第17回東京ジャズに出演。
2019年、昭和音楽大学ジャズコースを首席で卒業、優等賞を受賞。
ジャンルや演奏形態に捉われず、幅広く演奏活動を展開。
現在は都内を中心にライブやサポート等の活動を行っている。

 

*nica(ヴォーカル)

高校では3年間国際経済科で英語を学び、在学中に音楽教室でボイストレーニング及び音楽理論の勉強を始める。高校では3年間国際経済科で英語を学び、在学中に音楽教室でボイストレーニング及び音楽理論の勉強を始める。
その頃Donny Hathawayを聴き衝撃を受け、ソウルやブルース、ジャズに傾倒。
高校卒業後は昭和音楽大学作曲学科へ進学。
17歳の頃よりジャズシンガーとしてのキャリアをスタートさせ、都内近郊のレストランやホテル、バーなど10代より年間100本以上のライブを行う。
2008年7月に宮之上貴昭氏プロデュースによるファーストアルバム「nica with Yoshiaki Miyanoue」をリリース。
Stereo誌、AudioAccessory誌に掲載されAudioAccessoryでは推薦盤に選ばれ、サンノゼジャズフェスティバルで初めて海外でのステージを踏む。
また、シンガーソングライターとしても活動し、オリジナルアルバム「Tricolore」のリリースほか、歌詞提供なども行っている。
その頃Donny Hathawayを聴き衝撃を受け、ソウルやブルース、ジャズに傾倒。
高校卒業後は昭和音楽大学作曲学科へ進学。
17歳の頃よりジャズシンガーとしてのキャリアをスタートさせ、都内近郊のレストランやホテル、バーなど10代より年間100本以上のライブを行う。
2008年7月に宮之上貴昭氏プロデュースによるファーストアルバム「nica with Yoshiaki Miyanoue」をリリース。
Stereo誌、AudioAccessory誌に掲載されAudioAccessoryでは推薦盤に選ばれ、サンノゼジャズフェスティバルで初めて海外でのステージを踏む。
また、シンガーソングライターとしても活動し、オリジナルアルバム「Tricolore」のリリースほか、歌詞提供なども行っている。

 


 

【プログラム】

ALL The Things You Are

Aqua De Beber

How High The Moon

Fly Me To The Moon

My Favorite Things

・・・and more!!

 


 

【主催・お問合せ】海老名市文化会館 ℡:046-232-3231(10:00~17:30)

【後援】海老名市

【協力】Bist☆rant